studio corego.

Bachフラワーエッセンスクラスレポート

Bachフラワーエッセンスクラスレポート

2017/03/03

フラワーエッセンスbachクラスレポート0601

  フラワーエッセンスbachクラスレポート                  2016.7              佐藤 友香さん

 

グループセッションのお誘いを受ける前に、大学の先輩に薦められて始めたトライアルセッション。

そして、その後のマンツーマンセッションで大きく剥けた「たまねぎの皮」

ここからが私の変化の始まりでした。

今思い返しても、トライアルセッションを受ける前の私は、環境の変化が続き、新しく出会う方も多く、

様々な人との関わりの中で、心身共に疲れきっていました。

心の底から笑えていないような、身体の疲れからなのか、苦しさ、辛さといった感情もどこかごまかしているような感じすらあったと思います。

でも、自分自身でも自分の状態が分からなくなっていた。

分からないというよりも、あえて見ないようにしていたのかもしれません。

今にも壊れてしまいそうなギリギリの状態で、必死に何かにしがみついているかのように耐え、休みなく働き...。そ

んな状況下で、自分の事も見れなくなっていたのかもしれないとさえ感じます。

そんな時、先輩がご自身の体験談やフラワーエッセンスのセッションを受けられての変化を語って下さり、それをきっかけに興味を持ち始め、半信半疑ながらも、自分の状態を少しでも改善できる可能性があるならば、というすがる思いでトライアルセッションを申し込んだ気がします。

先輩は、「ダンサー気質の人は、感受性が他の人より強い傾向が多く、良い意味でも悪い意味でもいろんなものから影響を受けやすい...。だから、心のメンテナンスや自分を癒す時間も必要だし、良いパフォーマンスをする為に、たまには何もしない、考えない時間も必要だよ。そして、時には勇気を持って休む事も大事!」と、アドバイスを下さり、その時は、その先輩の言葉がなぜかすんなり自分の中に入ってきたのを覚えています。

私のベースも、ダンス。自分が舞台に立たなくなった今も、インストラクターという別の形でステージに立ったり、表現したりしているからこそ、私にももしかしたら必要なのかもしれないと思えたのかもしれません。

今まで、身体のメンテナンスは沢山してきたけれど、心のメンテナンスはしてこなかった。

心のメンテナンスについて考えた事もなかったし、自分に必要だと思った事もなかったように思います。
「感受性」、「心のメンテナンス」…まさにその時は、そのような言葉自体に、その言葉の響きに共鳴し、心が惹かれたのかもしれません。

トライアルセッション、マンツーマンセッションを経て約4ヶ月間、毎日のように振り返りをしながら自分の変化や思いなどを書き留め、しばらくお休みしていた「自分と向き合う時間」を以前よりも積極的に取るようになり、いつの間にかエッセンスの摂取と共に、私の日課になっていたように思います。

エッセンスも1本では足らなくなり、毎回追加してしまう程に欲している自分がいて、自分を見つめる時間、自分と向き合う時間や、エッセンスの持つエネルギーを、私の心も身体もやはり求めていたのかもしれません。

振り返りを通して、徐々に自分の事を話せるようになり、始めは自分の中の変化が嬉しく、本来の自分はどんな自分なのかとワクワクする日々。

しかし、セッションを重ねていくうちに、楽しい事ばかりではなく、時には辛い、悲しい過去とご対面。その時の感情を思い出したりする事も。

しかし、そういう体験をしていく中でも、今までの自分とは違って、落ち込みすぎなくなっていたり、気持ちが落ちてしまってもすぐに切り替えられるようになってきたり、少しの事ではあまり落ち込まなくなったりと…。

セッションの過程で自分の変化を感じ、ふとした時に、あれ?こんなに楽で良いの?!と、初めて味わう解放感に戸惑いながらも、とても新鮮な感覚だなぁと、そこにまた気づいた自分の変化を、その時は嬉しく書き留めたのを思い出します。

以前の私は、自分にかなり厳しく、それを他人にも向けてしまう傾向があったり、考えなくて良い事まで考え過ぎて、答えが出ない事で1人で勝手に落ち込んだり…落ち込んだら最後…回復するのに多大な時間とエネルギーを必要としてしまう状態でした。

こうして改めて思い返しても、笑ってしまう程にガチガチで、固い壁をどっしり下ろす事で自分を守ろうとしていた自分自身。

この壁は、今はかなり崩れてきたと思います。

 むしろ今では、あえて自分から壊していきたいとすら思う程に...。

壁の崩壊と共に私自身も、何だかゆる~い感じになってきています。

自分の壁を壊しながら、知らず知らずのうちに抱えてきた沢山の荷物を、自分から1つずつ下ろしていく過程で、自分の中に少しずつ余裕が出てきたように思います。

自分の内側が緩み、余裕が生まれる事で、まず自分自身を知る、自分自身を受け入れる事からできるようになり、そして、そこで初めてやっと他人を受け入れるという事が少しずつできるようになっていったように思います。

それまでは、レッスン以外で自分の話をする事も、他人と話をしたり、何かを共有するという事があまり得意ではなく、逆に疲れてしまうからなるべく避けたいと思っていました。

でもそれも、今思えば、人と関わる事が疲れを伴うものだと思い込んでいただけなのかもしれないとさえ思える。

幼い時から蓄積されてきた、親や他人の価値観といったものに固められ、自分という軸か見えなくなっていた。

同時に、そこから抜け出したいともがく自分もたまに顔を出しては、いろんな事をしてみたけれど解消されないモヤモヤ感や怒り、不満が残るだけ…。

どこかで、自分ではない自分と付き合いながら過ごしてきた事に違和感を感じながらも、それを解消するすべも分からない。

解消されるどころか募るばかりで、その辛さに耐え難く、いつしかそんなマイナスな感情をしまいこみ、抑えるようになっていった。

こんな辛さから逃れ、自分を変えたい、変わりたいと思い、自分の事を知る人がいない環境に身を置き、一からスタートしたいという願望を抱いた事も何度あったか分からない。でもそれも踏み切れず、変わりたいと思っていても、何をどうすれば良いのかも分からずに毎日を淡々と過ごし、理想の自分を描いてはたまに現実逃避…。

自分を変える事に対してなかなか本気モードにはなれず、変わる事を切望しながらも、いつかは…と、夢見るだけでした。

でも、そんな日々も、フラワーエッセンスに出逢い、セッションを通じて本来の自分とのズレに気づき、その事実を知った事で一変した。

変わるのではなく、本来の自分に戻していく。その為の作業を続けながら、その過程で意識が変わり、エネルギーの向け方が大きく変わっていった。

今では、理想を夢見ている自分ではなく、自分の価値観でちゃんと動き始めているように感じます。

本来の自分とズレていた自分…。

自分が分からないのに、他人を知る事も苦でしかなかった。他人が自分の中に入る事が怖くもあった。

そんな以前の私であれば、グループセッションには参加しなかった。正確には、できなかったと思います。

グループセッションへの参加を迷いながらも、keikoさんの言葉に背中を押され、変化していく過程でお誘いを頂いたのも、これもタイミングかもしれない!!チャンスかもしれない!!と思い、クラスに集まる方のエネルギーの中で、その空間の中で、自分はどう変化していけるのか…本来の自分に近づく手助けをしてくれるかもしれないと意識が変わり、前に進む事を選択しました。

この時の私にとっては、かなり大きな決断をしたと思います。

グループセッションでも学びが深まり、毎回楽しく、又、濃い時間を過ごさせて頂きました。

その中でも特に印象に残っているのが、「魂の変容」。変化していく過程の段階があるという事も学び、それを学んだ時にはまさに自分が辛い時期を迎えている真っ只中でした。

これもタイミングが良かったのか、幸せな事に、そのような辛い時期も、keikoさんやクラスの皆さんからもパワーを頂きながら乗り越えられたように感じています。

グループセッションに参加しての6ヶ月間は、更に自分を掘り下げ、今まで考えた事がないような事も考えたり、又、以前よりも人と関わる時間が増えました。

そして、今までの考えや自分が大切だと思ってきたものや、自然と縛りつけていたものも手放しながら、全てを入れ替えてしまいたいぐらいに、今はかなりopenになっている自分の変化をも感じています。

今の自分が大好きです!

しっかりとそう言える自分でいられる事が、とても嬉しいです。

自分の良いところも、バランスが崩れた時の自分も徐々に分かり始め、時間は掛かったけれど、今やっと人生のスタートラインに立てているような気がします。

自分の事を好きだと思えるようになってからは、様々な場面で支えて下さる方々やレッスンを受けて下さる皆さん、そして、1番近くにいてくれる彼の存在に、改めて感謝しました。

インストラクターという壁をとっぱらった時の私、本来の私を少しずつ出しながら、ここからまた新たなスタートを切るつもりで…。

エッセンスの力も借りながら、そして、丸地さんにもまだまだお世話になりながら、もっともっと大きな幸せを掴んでいきたいと思っています。

自分軸を持ちながらも、優しく強さも秘めた女性…そんな素敵な女性を目指して!!

今までの時間を取り戻していくかように…ここからは自分の魂が求める方向へ、焦らずに、着実に、進んでいきたいです。

これからも自分と向き合いながら、そして、大好きな、大切な彼と共に、これからの人生を歩んでいけますように…。

keikoさん、そして、bachクラスを共に受講して下さった皆さん、お時間を共有頂き、幸せなエネルギーも沢山頂き、ありがとうございました!!

keikoさん、これからもお世話になります!!よろしくお願いします!!

***************************************************************************

『今まで、身体のメンテナンスは沢山してきたけれど、心のメンテナンスはしてこなかった。
心のメンテナンスについて考えた事もなかったし、自分に必要だと思った事もなかったように思います。』

そうおっしゃる方は、多いです。本来の自分とのズレに気づくだけで、ご自分がもっている才能や能力が

使いやすくなります。そして、みなさん、やはり後天的に発展させてきた自分より、本来の自分の方が

楽だし、好き!という方が圧倒的!です。

友香さんは、1か月のご自分をきちんとメモにとり、振り返りやすくしていました。

その、ご自分の扱いを丁寧にするだけで、変わってくるのですよね。

もともとカリスマ性のある友香さんが、ますますキラキラになり、『何かしているのですか?』と聞いてこられる方が

後を絶たないようです!(^^)!友香さんに影響されて、フラワーエッセンスを使い始めた方も多数とのこと!さすがです!

keiko

 

 

 

2017/02/02

フラワーエッセンスbachクラスレポート0404

フラワーエッセンスbachクラスレポート    2016.5     Hさん

 

バッチクラスを受けるきっかけ

 友人に誘われた葉山のジャイロキネシスとフラワーエッセンスのワークショップに参加し、初めてフラワーエッセンスを体験しました。

言葉では言い表せない不思議な力を感じた事とそのワークショップの少し前に事故を見るなどのショックなことが続き見えない何かに不安を覚え、そんな精神状態も改善できたらと思いクラスに参加することにしました。

 

その時に選んだエッセンスはホリーでした。

☆ホリー――嫉妬や怒りなどネガティブな感情にとらわれている人の心を癒してくれる

【振返り】それまで何かに対してバリアを張っていた氣がします。

自分に素直になることで職場での環境・待遇が自分の希望した内容に変わりました。

 

バッチクラス(6回コース)2015年3月~2016年4月

エッセンスとその時の自分の感じた事

———————————————————————————————————————————-

①11月

☆クレマチス・セントーリ・バイン

【振返り】クレマチスを摂ることでさらに行動に起こせなり、それに氣がつく事ができた。

     人の言った事に振り回されやすく、それに影響されまいとする頑なな心を感じる。

     このときは家族に対して感情的になる。

———————————————————————————————————————————-

②12月

☆セントーリ・アグリモニー

【振返り】職場での業務が多忙に陥り、これによりチームワークの大切さを学ぶ。

1週間のうちの半分以上を過ごすこの職場でもっと自分が活き活きと過ごしたい

と思うように。

     職場環境をハード面でも居心地よくするように、ちょっとしたグリーンを

育てる、気に入ったモノで日々の氣分をあげていくなど、毎日を新鮮な氣持ちで

過ごせる自分になっていった。

———————————————————————————————————————————-

③1月

☆ゴース・ワイルドオート・セラトー・インパチェンス

【振返り】友人との会話で、相手に嫌われているのではないのかと思うようになり、全ての人に

そう思われているという錯覚に陥る。

自分の思い込みに過ぎないと後日実感できるようになった。

 

———————————————————————————————————————————-

④2月

☆チェストナットバット・ラーチ

【振返り】自分の趣味の分野で周囲に発表する機会が訪れることに。自信がない自分とある自分が

     交錯し、失敗してもいいやという気持ちと自分の力を信じる氣持ちの

     両方を持つことができた。

     この頃より家族との関係が良い方向へお互いを尊重できるようになっていると

     感じるように。

———————————————————————————————————————————-

⑤3月

☆スターオブベツレヘム・セントーリ・セラトー・ビーチ

【振返り】色々な過去の事(あまりいい思い出ではない)が勝手に思い出してくることに。

     それに対してその頃はそういう様に感じたのね、と自分に言えることができた。

     周りに対して批判的になる感情が一気にあふれ出て、氣がつく事により氣持ちが

     おさまっていった。

     友達と出かけたときに、時間がずれていたら事故にあっていたというような状況に

     なり、その時に見えないものに守られていると感じた。

———————————————————————————————————————————-

⑥4月

★ワイルドローズ・マスタード・チコリー・ホリー

【振返り】前の月の悪い思い出たちをまだ引きずった状態でいる。

     これらのエッセンスを摂ったことで徐々にその記憶と感じた事が明白になり、

     氣持ちのおさまりを実感できた。

———————————————————————————————————————————–

6か月間バッチクラスを受けて感じた事

自分のエッセンスはまだわかりせんが、今はチコリーかなと思うことがあります。

レッスンを受けてから具体的に欲しいものが手に入り、趣味の分野での新たな挑戦もできました。

周囲に良い結果が出たと思ってもらいたいという見栄っ張りな自分が出てきたりもしました。

さらに日々の生活に対してとても穏やかになれた事が大きかったと思います。

普段から見た目には穏やかではないか、と思われるかもしれませんが、心から穏やかと感じられる

ようになったと思います。そして豊かな氣分になり、さらに幸せな氣分になれたことが一番の収穫だったと実感しています。

バッチ博士のこのメッセージが今でも胸に響いています。

「人が他人の影響を受けず、自分の願いだけに耳を傾け従うなら、必ず正しく導かれる。

自分が成長して完成の域に達する道を進むだけでなく、できるだけ他の人の役に立って生きられる

よう絶えることなく導かれる。」

 

レッスンでは根気よく話を引き出してくださったプラクティショナーの恵子さんに感謝しています。

そして一緒に学んだメンバーにも。どうもありがとうございました。

 

 

***************************************************************************

丁寧に丁寧に振り返りをされていたのが印象的です。

わからないことがあると、きちんと立ち止まってしっかり考える。

現代のスピード社会の中では、なかなか難しいことのように感じますが、

Hさんは、その中にありながらご自分の中心を守り、エッセンスとともに

穏やかに楽しく生活されていらっしゃいました。

職場において、本来の能力を発揮されるようになったり、ご家庭でも、

改善のきっかけにエッセンスが役だったとのこと、良かったです。

どうもありがとうございました。

 

2016/08/13

フラワーエッセンスbachクラスレポート0501

フラワーエッセンスバッチクラスレポート      2016.5.8(sun.) Y.Tさん

 

恐らく、私はいいクライアントではない。

このグループセッションに参加した当初、フラワーエッセンスの効果を十分に感じている訳でもなく、

かといって特に効果を感じようと努力するようなことは一切していなかった。

毎日4回、朝・昼・夜・寝る前、薬のようにただ機械的に舌下に落とす。

本当にそれだけ。

何のエッセンスを取っているかはかろうじてビンのラベルに書いてあるが、その効果の記憶は皆無。

個人セッション体験中は、摂取後の効果を感じてみようと意気込んでいたのと、“いい格好しい”な部分、

例えば、何でも完璧にこなそうとしたり、本当はすっごく弱かったりいい加減なのに、

人前では絶対泣かないし、弱い部分は見せないような性格が働き、セッションでいいこと言えるように、

日常の中でネタ集め感覚で意識して自分のフィードバックをしていた。

 

 

しかしグループに参加してからは、その“フィードバックネタ集め”は次第に減り、

毎日4回(これすら怪しい日もあったが・・・)ただただ取って、1ヶ月に1度グループセッションに参加する。

このセッションに向かう道中(というか皆のフィードバックを聞いている最中の回もあった)に、

「ヤバい、この1ヶ月どうだっただろう?!」と慌てて自分を振り返る。

そんな、本当に“ただ摂取して1ヶ月に1度自分を振り返る”だけの半年間を過ごしていた。

 

 そもそも当初、1日に4回きちんと取れるかがまず不安要素として存在した。

私の場合、よほどやると心に決めたことでないと、軽い気持ちでは習慣化することが難しい。

いや、やると決めても毎日やるのは非常に困難。しかしエッセンスを取るのは、

不思議なことに、そんな私でもすぐに習慣化することができた。

そしてその“エッセンスを取る”という行為が、次第に精神安定剤のようになってきて、

フィードバックの質も“ネタ集め”ではなく、“感じた感情”であったり、“自分を立ち返る”ものになり、

数は減ったものの、本当の意味の“フィードバック”が意気込まなくても自然にできるようになっていた。

 

 2015年12月に最初のグループセッションが行われた時、半年後にありたい自分を書いた。

ここまで書いてきたからなんとなくご想像がつくかもしれないが、何を書いたのか、

このレポートを書くまで見返すこともなく、すっかり忘れていた。

ただ、書いた当初は半年後のことが全く想像できないくらい、日常に辟易していたことは覚えている。

また、毎回のセッションで教わる知識も、本当に申し訳ないことに、「あー、やったかもなー。」くらいの記憶。

お花の効果も然り(テストヤバい!)。なのに、その半年前に書いたことが、半分くらいは今の現実になっている。

本当に本当に不真面目なクライアントなのに、何で?という感じ。

でも、これだけは言える。

まず、半年前と比べて、自分のことがなんとなくわかり、自分を大切にすることがどういうことかがわかった。

それが自分の“感情”に向き合い、時にそれに従うことで実現できると知った。

その結果、自然な自分に出会うことができ、自分に自信を持つきっかけになった。

肩肘張っていた自分が今では懐かしい。

 

 内容が散らかってきたので、とにかく半年経って言えること。

私のようなどんなに不真面目なクライアントであっても、フラワーエッセンスと恵子さんは見捨てないでくれる。

ちゃんと私に向き合って結果をくれる。だからこれからは私もきちんと自分と向き合って自分を大切にしながら生きていきたい。

そしてグループのメンバーの存在。毎回の変化は自分のことよりもすごくわかる。

とても楽しいし、内容によっては自分のことのように、いや、自分のこと以上に嬉しい。

それは恐らく皆同じで、自分の変化に気づき一緒に喜んでくれる存在があると、人はこんなにも自分に自信が持てるのか、と感じた。

普段の生活ではお知り合いになれないようなメンバーの皆さんと、文字通り自分をさらけ出す話をするなんて

(というか、自分をさらけ出す話しかしていない)半年前には想像できなかった。

このメンバーの皆さんとの出会いにも感謝したい。

フラワーエッセンスのグループセッションに参加できたことは、確実に自分の財産となっている。

 

*****************************************************************************

ゆかなさん、ぶっちゃけてくれてありがとうございます(笑)

私も実際に、自分が習う時には同じようなものでした。

日々をこなすことで精一杯で、自分を振り返る、見つめるなんてできないー!

そんな時間ないー!で、ただかろうじて行くだけ(笑)

でも、初めは、ただ行くだけで変わってきちゃうんですよね。みんなの変化も感じられるようになってきて、面白くなってきちゃうんですよね。

自分を見つめざる得なくなり、自分を丁寧に扱うようになってきちゃうんですよね。

どんなに自分を無視してきたか、責め続けてきたか、我慢させてきたか気づく時がくるんですよね。

ご自分といい関係を作れないのに、人との関係をいいものにしようというのは、無理がありますよね。

自分を応援しようと思うと、人も一緒に応援してくれるようになります。それがとてつもない大きな力になるんですよね。

ゆかなさんは、半年という短い時間で、このダイナミックな変容を感じられた方だと思います。

結果、とても真面目な生徒さんです(笑)  次回のクラスもどうぞよろしくお願いいたします。

keiko

 

 

 

 

 

2016/08/13

フラワーエッセンスbachクラスレポート0502

フラワーエッセンスbachクラスレポート      2016.5   M.Iさん

 

友達が教えてくれたフラワーエッセンス。

初めてのセッションが始まる前なのに恵子さんと会うや否や、涙が止まらなかったのが遠い昔のことのように感じます。(実際は半年ちょっと)

 

月に一度、自分と向き合う時間はかけがえの無いものでした。

グループレッスンの仲間は年齢もバックグラウンドも違うのに、悩みを共有し本音を話せる家族のように大切な存在です。

フラワーエッセンスを始めてから、元気に振る舞っているつもりでも、知らず知らずのうちに自分に無理をさせてしまっていることに気付きました。

自分と向き合い、心の声に耳を傾けることの必要性を知りました。

初回のレッスンで決めた目標も気付いたら叶っていて、目標は明確化することによって叶うのだと思いました。

意識してエッセンスを取ることによって、私にはおまじないのような効果があり、より効いているように思います。

 

感情のポケット

レッスンの中で最も印象に残っているのが、“感情のポケット”についてです

 沢山ある感情は全てが機能する訳ではなく、育ってきた環境の中で、排除されて心の片隅にストックされていくものもあります。

それが外的要因で触れることにより良くも悪くも感情に刺激になると言う話でした。

ちょうどその時期に友達のわがままさにイラつくことがあり、イラつく原因を掘り下げてみました

病気がちな父と一家の生活を支えるために忙しく働く大黒柱の母、私の幼少期はとてもわがままを言える環境ではありませんでした。

物事を円滑に進めるために自分の気持ちに蓋をして、相手の気持ちを汲み取るようにする癖はその頃からあったのだと思います。

だから自分の感情を優先する友達にイラっとして、自分の中で抑えてきた感情の一つが刺激されたのだと思います。

今までは関わると面倒くさくなると分かっていても困っている人を放って置けなく、

結果、心が摩耗するほど疲れてしてしまうこともしばしばでした。

同じ目線で見てしまうので、良いことも悪いことも人と共鳴してしまうのも課題。

自分と相手に境界線を引く」ことを目標にするとだんだんと距離感を掴めるようになって、肩の力が抜けて手放せるようになってきたと思います。

 

エッセンスメモ

 ※回数横は目標

*1回目…変化はチャンス、ありのままの自分を受け入れる。

 ミムラス、アグリモニー、チコリー

*2回目…地に足を着け、進むべき道を見つける。

 ゲンチアン、クレマチス、スイートチェストナット

*3回目…人と自分に境界線を付ける。ありのままを好きになってくれる人に出会う。

 ブリーディングハート、ワイルドオート、オリーブ、ピンクモンキーフラワー、セラトー

*4回目…自分のアイデンティティを大切にし、より幸せになるように。

 チェストナットバット、ホーンビーン、ピンクヤロー、ゴールデンヤロー

*5回目…周りに頼るようにする。ありのままの自分を出せるように。

 バーベイン、ホワイトチェストナット、ホリー、サンフワラー、ベビーブルーアイズ

 

エッセンスの推移を見ると、始めは仕事関係で悩んでいたのですが苦しい時を抜け出し(ミムラスが効いていた?)、段々と自分自身の幸せに目を向けられるようになって来ているように思います。

目標の一つに“尊敬出来て優しい彼氏を作る“があり、3回目に恋愛にも効くピンクモンキーフラワーを取り入れたら本当に出来てびっくりしました
次なる目標は自己開示をしていくことです。アナ雪のエルサではないけれど、恰好付けずありのままの自分を出し、より深い人間関係を築いて行きたいと思っています。

最後になりましたが、恵子さん、いつも屈託のない笑顔で話を聞いてくれて、時にはスパルタな質問攻撃?!も刺激になりました。有意義な時間を共に過ごせたことに感謝です。ありがとうございました!

**************************************************************************
意図することは本当に大切です。
意図して、はじめてそちらに向かってエネルギーが動き出すからです。
こうする!こうなる!と決めるだけで、ほとんどのことはそちらに向かって動き出します。
あとは、信頼してワクワクまっていればいいのですが、それが結構難しいのですよね。
フラワーエッセンスは、プロセスの過程をサポートしてくれる心強い味方です。
素晴らしいことに、美穂さんの意図の色々なことが叶った半年でしたね。
より自分らしくなることで、更にご自分にふさわしいもの、事が整ってくると思います。
私も美穂さんの味方ですよ。次回のクラスでも美穂さんの進化を楽しみにしております。
どうもありがとうございました。
keiko

2016/08/13

フラワーエッセンスbachクラスレポート0503

フラワーエッセンスbachクラスレポート  2016 5   K.Sさん

 

先生であり友人である、keikoさんの元を訪ねた時にフラワーカードを選ばせてもらい、

『ドキッ!』とする事を言われたのが始まりでした。

始めた頃に感じていた事は以下の通り。

 

  •  特に、子育てが始まってから他人の言葉に傷つき振り回されることが多い
  •  親の良いところは姉が受け継ぎ、マイナス面は私が受け継いでいる
  •  嫌なことがあった時にショックを受けないように、常に自分の気持ちを低いところに置いておく
  •    嫌なことがあっても明るくふるまわなきゃいけない

 

第1回 12月13日 チコリー

フラワーエッセンスについてのいろんな話が面白い。

知らないことを知る楽しさ。Twelve Healersのそれぞれについて、あまり頭に入ってこない…

仲間の発する言葉、keikoさんの言葉。心に引っかかっている言葉を聞くことが多く、驚く。

フラワーエッセンスを始めたのは、運命か?!

     エッセンス ➡︎ チコリー,クレマチス

 

第2回 1月17日 セントーリ

前回を終えて、フラワーエッセンスのことを意識した時間が過ぎる。

イライラした時、なぜイライラしているのか考えるチャンス。

長男がイライラの原因になることが多く、うまくいかない。焦り。

他者から気になる言葉を聞き、傷つきはするが、なんとなくポジティブな気持ちを維持できている。

     エッセンス ➡︎ セントーリ,セラトー,アグリモニー

 

第3回 2月14日 ゴース

前回を終えて、ポジティブな気持ちを維持していると思っていたら、ゴースのカードを選び、

ちょっとしんどい時に選ぶ的なことを言われ、驚く…。そうだったのか、と。

確かにPTAがらみでしんどい時を過ごしてきていた。エッセンスに助けられていたのかも。

     エッセンス ➡︎ ゴース,オリーブ,ヴァイン,ピンクモンキーフラワー

 

第4回 3月21日

オリーブにすごく助けられた気がする。エッセンスに入れた時から心強い感じ。

自分自身ではよくわからないが、仲間の顔が以前とは比較にならないくらい明るい。

バッチ博士の言葉に共感。人生はハッピーエンドに設定されている。

落ち込まない、明るい気分を持続できるようになってきている気がする。

スターオブベツレヘムは以前、選んだことのあるお花。そろそろ行きますか、と言われ

自分と向き合うためには避けて通ることができない母との関係を見直し始める。

     エッセンス ➡︎ ラーチ、ホーンビーム、スターオブベツレヘム、チェストナットバット、ピンクモンキーフラワー

 

第5回 4月17日 スターオブベツレヘム

やっぱり選んでしまった、このお花。

過去を振り返り、自分と姉と母との関係の見直し。

長男に対して。

先生からの一言で思いがけず、視界が開けた感じがしました。

母から知らず知らずのうちに縛られていた自分。決してそれが悪いわけではない。

でも、私の本当の自分はやっぱり母の願うものとは違うのかも…

まだ、タイプレメディーも悩んでいるけれど、まだ全然わかっていないけど

でも、少しずつ自分と向き合い、自分を解放できる気がしてきています。

     エッセンス ➡︎ スターオブベツレヘム、ホリー、ゲンチアン、セラトー、ビーチ、ピンクモンキーフラワー

 

最後に…

バッチ博士の考えが好きです。人間は必ずハッピーエンドになるようにできているんだ、と。

不思議なことに、色んなことはあるけれど、以前より落ち込まない自分がいます。

落ち込みますが、落ち込まない(笑)。

仲間も会うたびに大好きになります。

みんな、顔が明るくてキラキラしているのが嬉しいです。

 

***************************************************************************

真っ暗闇の中を進んでいるように見えるときもありますが、必ずその先には光があります。

私たちそれぞれが行く先には必ず光があります。

この先に光がある!と自分を信頼して進むしかないのですが、なかなか自分を信頼するというのが難しいですよね。

フラワーエッセンスは、「自分を信頼し続ける」ということをサポートしてくれます。

半年前に比べると、ご自分の道を堂々と歩まれていらっしゃるように思います。

フラワーエッセンス+仲間の力は絶大ですよね!

それをSさんに体験していただいたことは、私にとってもとても大きな喜びです。

どうもありがとうございました。次のクラスでもどうぞよろしくお願いいたします

keiko

 

 

 

 

2016/08/13

フラワーエッセンスbachクラスレポート0504

フラワーエッセンスbachクラスレポート  2016.5   Tさん

 

今回のクラス受講の前に、恵子さんに言って頂いたことがあります。

「覚悟を決める」

その時はそれがどういうことなのか分からろうとしなかった、

気付こうとしなかった、分かったつもりでクラスを始めました。

 

でも何か引っかかる言葉なのに目を逸らしてきました。

自分の軸を探したい、と言いながら自分と向き合うことを避けている。

これに向き合うことが、本気でやると決める、覚悟を決めるということだったのだと、6ヶ月後の今気付いています。

後半、体調を崩し途中諦めそうになりましたが最後のクラスまで参加できてよかったです。

もう一度、フラワーエッセンスに真剣に取り組んでみたいと思います。

タイプレメディーを自分で見つけられるように…

 

***************************************************************************

 

状況、環境が大変な中、通い通してくださりどうもありがとうございました。

今回がダメだったわけでもなんでもなく、逆に大事な何かを見つけるいい機会になったのではとさえ思ってます。

何事も積み重ねですから、1から積んでいくしかないですものね。そして始めてみないと見えてこないことがあるんだろうと思います。

いい時も、悪い時もありますが、いつでも輝いていられるように!心から応援しております。

次回のクラスでもどうぞよろしくお願いいたします。

keiko

 

2016/05/27

フラワーエッセンスbachクラスレポート0403

フラワーエッセンスバッチクラスレポート  Kさん 2016年4月

 

クラスを受講して、良かったなと思うことは月一回のフィードバックです。

月に一度自分を振り返り、他人に話すことで、自分では気が付かなかった所で実はちゃんと変化しているんだと、感じることができました。

自分の舞台の仕事などで決まった日にクラスを受講できなかったこともありましたが、メンバーの皆さんの変化を聞き感じることも大きな発見でした。

 

具体的にどのような部分が変化したか、、、

私は、平和主義で周りに合わせてできるだけ争い事を避けて生きてきました。

それがダメなこととも一切思っていませんでした。

でも、それは知らず知らずのうちに自分の感覚を鈍くして、自分が腹を立てる感情もよくわからなくしていることに気がつきました。

自分の感情をしっかり出せるようになること、これが私の一番治したい部分でしたが、他にも、自分に自信を持つこと、自分の直感を信じ、それを人に伝える強さを持つこと、人と沢山関わること、自分を見つめなおすこと。

毎月、目標を掲げてエッセンスを摂取してきました。

 

私がエッセンスを摂取して一番変わったことは、周りの環境です。

フラワーエッセンスを始めた当初の私は、彼氏に振られ、仕事もうまく決まらずに、少し自暴自棄になり、

一人でいることが寂しかったこともあり、毎晩ほど友達とお酒を飲んでいました。

 

そんな6か月前に掲げた目標は、仕事面では「舞台上で歌う。」

恋愛面では「共に成長できる、心から信頼できる人と恋愛をする。

内面的には「誰にどこを見られても恥ずかしくない自信を身につける。」でした。

 

まず、仕事面は夏に舞台が決まり、少しですが歌わせて頂ける役を頂きました。私にとって大きな成長です。

 

次に一番変わった、恋愛面。

今近くに居てくれる人は、私よりも大人ということもあり、私のことを思っていい部分は褒めてくれるし、悪い部分は叱ってくれます。

彼と居ると、頑張ろうという気持ちになれます。

また、今まで好きな人に対して何も反論や意見を言えなかった私が、はっきりと意見できるようになりました。

もう、嫌なことは嫌と言えます。

そして、彼と過ごすようになると、夏によく遊んでいた友達とはあまり合わなくなりました。

会って話しても、なんだか話が合わなくなりました。文字通り、共に成長できる、心から信頼できる人と恋愛ができています。

 

 内面は、また恋愛の話になってしまいますが、私は干渉することもされることも嫌いでした。

でも、今の彼のことは干渉してしまうし、それでイライラもしてしまう。また、干渉されることも苦ではありません。

なんでも隠してしまっていた私からすると、成長です。また、自分に自信を持つこと。

これは、これから実力を上げていくうちに更についてくるものだと思います

 

 本来の自分を知ること。

フラワーエッセンスを飲んで、自分と向き合い、つらくなることもありましたが、自分の心を丸裸にして、

自我を取り除き、魂に働きかけて自分をもっと見つめて生きていきたいと思いました

半年間、ありがとうございました。

 

******************************************************************************

 

 いつも我慢することが当たり前になっていた里奈さんにとって、自分と向き合い、自分の中に色々な感情があると認めるのは、

大仕事だったと思います。

恋愛がしたいという方はとても多いのですが、なんでも自分でできるようになりたい、自分のダメなところは

直したい、ということを同時におっしゃる方も多いです。

でも、恋愛を本気でするということは、自分のダメなところも見られたくないところも、さらけ出す覚悟をするということです。

そういう関わり合いなくして、恋愛は成立しないのではないかと思います。

里奈さんは、短期間でご自分のそういった殻をやぶり、自分の声に従って飛び込んでいく姿がみえました。

本当に逞しくなられましたよね。日々、輝いていかれる里奈さんと毎月お会いするのが楽しみでした。

半年間ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

keiko

 

2016/05/27

フラワーエッセンスbachクラスレポート0402

フラワーエッセンスバッチクラスレポート      Sさん  2016年4月

 約一年前(バッチクラスを始める半年前)知人の紹介もあり、ワラにもすがる思いでプライベートセッションを受けました。

その時の私は、これまで経験した事がない位ある特定の人に「執着心」のような強い感情を持ってしまいました。

そういう自分を嫌悪し、感情のコントロールができなくなり、日常生活に支障をきたす事もあった程、心がこわれたような状態でした。

最初の一ヶ月目は何かボンヤリとして、まるでおまじないや暗示をかけているような感覚で、エッセンスを摂取していました。

二ヶ月過ぎた頃、「好転反応」と思われる感情の起伏がそれまでより強くでるという事があり、恵子さんに助けを求めた事がありました。

その時のお返事で「ご自分を大切にされていますか?大事に扱っていますか?」と問いかけられました。

それまで「自分を大切にする」という事自体、考えた事ありませんでした。

それどころか、いつも自分が嫌いで、大人になり、仕事で失敗したり、少しつまづいたりすると「消えてしまいたい」と思う事も少なくありませんでした。

フラワーエッセンスの「気づき」の1歩かな?と感じるようになったのは、この頃だったでしょうか?

それをきっかけにこれまでとは明らかに違う「気づき」を感じるようになりました。

それまで気にも留めていなかった文章が自分に何かを強く問いかけている言葉として私の中に入ってきました。

それは文章だけではなく、景色だったり、ドキュメンタリー番組だったり…

感じた事を、自分のその時の心情に落とし込んでリンクさせていく事で、人や物事への考え方や許容がこれまでより多くなったように思います。

この事はエッセンスとサポートして下さった恵子さんの両方がなければ気が付けなかった事だと思っています。

半年を過ぎる頃は、順調に変化を感じられたのですが、バッチクラスに参加して、プライベートからグループとなり、

自分の内側を見せる事に少し抵抗があった事と、自身の「第3段階」と思われる時期と重なった事もあり、

ネガティブな感情ばかりが先にあったりとなかなか思うように進まず少し焦りと不安もありましたが、

それも含めて、この先があるのだと信じたいと思えるようになりました。

正直なところ、まだ「自分を大切にする 自分を愛する」という事にまでたどり着けていません。

他の方と比べると少し時間がかかるのでしょうか?

ですが、これまで気付けなかった事がこの先エッセンスを通して増えるかも?!と思うと、それが楽しみでもあります。

そんな風に感じている事ができた自分も一歩、二歩進めているのだと、今は強く言うことができます。

**************************************************

Sさん、ありがとうございます。

頑張ってこられた方は、その分だけご自分を許すのに時間を要するように思います。

誰かに寄りかからないと立っていられないほど、自分が見えなくなる時という感覚もとてもわかります。

自分に存在価値が見いだせず、来る日も来る日もただ苦しいだけの日々というのもありますよね。

そんな自分を許せないという気持ち、とてもお辛かったでしょうね。

そんなときにこそ味方が必要で、無条件に応援して愛してくれる人が必要で、そっと寄り添ってくれる人が必要で。

自分に対してそんな自分でありたいと思ってます。Sさんもきっと同じなのではないでしょうか。

既にご自分を大切にできてるのでは?と思っていましたら、レポート追記ということで、後から送っていただいたメッセージの中に

ミラクルがおきたこと伝えてくださいました。やはりo(^▽^)o

意識すると、そちらの方に動きだすものです。だから気づくって本当に大事ですよね。気づきの連続はミラクルの始まりですね。

益々のご活躍を心よりお祈りしております。

keiko

2016/05/20

フラワーエッセンスbachクラスレポート 0401

フラワーエッセンスバッチクラスレポート 篠崎 みれなさん  2016年4月

 

フラワーエッセンスを通じての変化

 

フラワーエッセンスのトライアル体験を経て、6 ヶ月コースを受講しました。

受講する前 は、仕事、人間関係、恋愛など、色々なことがふわふわしているような感覚で、どうした らいいのかわからない日々だったように思います。

芝居のレッスンで自分と向き合うこと を求められ、何を言われても自分を否定されたような気分になりとても落ち込んでいまし た。

少しでも変化が欲しいと思い始めたフラワーエッセンスがこんなに気付きを与えてく れるとは…今でも不思議な気持ちです。

 

初めは半信半疑で、月に一回の振り返りも行きの電車では自分の変化が全くわからず… 何を話したらいいんだろうとぼぉーっと考えていました。(そのぼぉーっとしていたのはし っかり恵子さんにバレていて…笑)

でも不思議とセッションの場所に行って恵子さんを前 にするとペラペラと話している自分がいて、1 ヶ月ごとの変化をその場で自己考察しながら 変化を感じていました。

そして徐々に、日常の中で自分が今どのような状態であるのかというのを観察する機会が増えました。

例えば、「人の話聞いてないよね」と友人に言われることがあって、いつも 聞く姿勢だけは気をつけていたので“そんなことない”と思っていたのですが、人の話を聞くときの自分を客観視してみると、話を聞きながら“きちんと聞いているように見えているか” を考えている自分がいることに気付きました。

それに気付いてから、徐々にそれを手放せ るようになってきて人の話をきちんと聞けるようになってきたように思います。

そして私が人を受け入れる機会が増えたからでしょうか、徐々に人との関わり方にも変化を感じてきました。

なんとなく人との距離が離れているように感じていて、もっとたくさんの人 円滑にコミュケーションが取れたらと思っていました。

日々の自己考察の中で、人に心を 開いて接するのが難しく、よく思われたいという思いが先立って、気を遣ってしまう癖が あることに気付きました。

とても疲れる行動を自分からしていたので、ありのままの自分で人に接するように心がけてみると人がとても好きになりました。

現在は、こういう風に人と接することが出来たらと思い描いていた理想ととても近い状態にあります。

 

そして以前は人の嫌なところを見つけては批判する癖があったと思います。

でもそれは 嫌な相手が悪いのだからそう思うのは仕方がない、どうして直さないのだろうと悪い気分になっていて、私にはそういうところがあるから仕方ないと思っていました。

今でも相手に対して分析をする癖はありますが、その人のパーソナリティとして捉えることが増え、そうすると不思議と嫌な気分にはならず、むしろ共感出来るようになりました。それはとても大きな変化でした。

 

 

またこの 6 ヶ月間は、フラワーエッセンスへの理解、自己を深めるきっかけになる人との出会いや本との出会いが多く、フラワーエッセンスを通じて必然的に出会ったのだと思 います。

徐々に自然エネルギーに委ねられる機会も増えてきました。

元々、芝居の向上のために始めたフラワーエッセンスですが、芝居は自分の思い込みを 捨てることから始める必要があったので、自分と向き合いながら“こうあるべきだ”を少 しずつ手放していくと自然と相手の台詞を受け止めることが出来るようになっていきまし た。

芝居のレッスン後いつも、自分はダメだ、先生に好かれていないと思っていたのです が、徐々にそういうことがどうでも良くなってきてやるべきことに集中出来るようになっ たと思います。

少し変われたおかげか、来期もまたそのレッスンメンバーに選んでもらえ ました。とても嬉しかったです。

 

 

インスピレーションは冴え渡っていますが、まだまだ自分の本質と向き合っている最中 です。

毎月のエッセンスを踏まえての考察が足りなかったのでタイプレメディーをはっき りと見つけることが出来ませんでした。

でも唯一クレマチスだけは嫌だと思うので、もし かしたらクレマチスかもしれません。

今回はグループセッションでしたので、他の受講者の方と同じ時間を共有したことでとても気付きが多かったです。

他の方の物事の捉え方の発見、自分との向き合い方等自分に ないものばかりで新しい発想が広がりました。

日々の生活の中で色々なことが起こりますが、それに対して感じたポジティブもネガテ ィブもどちらも味わって自分で選択していけたらと思います。

まだまだ考えなくていいことを深く考え、考えるべきことをとばしてしまうので、少しずつでも自分の本質を取り戻せたらと思います。

 

*********************************************************

みれなさん、ありがとうございます。

この半年間で圧倒的に変わったのは、人との距離感ですよね。

ご自分を受け入れることができると、人のことも受け入れることができますよね。

ご自分を許すことができると、人のことも許せるようになりますよね。

優しさとは、傷つきやすさだとも思います。

わざと鈍らせていたご自分の感覚と、フィルターをゴシゴシ磨くと、見えてくる景色は素晴らしいですよね!

そのことに気づき、短期間で元に戻していく過程は、ダイナミックで潔い本来の姿が伺えました。

ご活躍の場も広がり、益々、充実した日々を送ってらっしゃるみれなさんを拝見できてとっても幸せです。

どうもありがとうございました。

keiko

 

 

 

 

 

2016/01/22

フラワーエッセンスbachクラスレポート 0305

フラワーエッセンスクラスレポート  さわこさん

 

 フラワーエッセンス開始時期:2015/4/22

バッチクラス開始時期:2015/7/12

 

 

フラワーエッセンスによる大きな3つの気づき

1. 自分の本当の感情を分かっていないということ。(感情が麻痺している)

2. 自分が「正しい」「こうすべき」と思っていること=「自分が幸せになる」こと ではない、ということ

3. 自分自身は自分のことを一番よくわかっているということ。(それに気づいてないだけで) フラワーエッセンスと出会ってから、この8ヶ月で気づいた大きなことはこの3つじゃないかと思います。 恐らく、「自分の変化」というともっと細かく色々ある気がしますが、まずは気づくことが変化の第一歩だと思うので、この気づきを大切にしたいと思いました。

 

1.自分の本当の感情を分かっていないということ。(感情が麻痺している)

エッセンスを飲んでの変化をみるために、自分の感情を観察しようとすると、”感情”や”無意識”がテーマの映画や本に出会う ようになりました。

そのうちのひとつの映画、ピクサーのインサイドヘッド(原題:Insise out)の最後のエンドロールで、人によって常に機能して いる感情というのは異なるのだ、ということに気づきました。

たとえば、その映画の主人公であるライリーという女の子の場合は、喜び、悲しみ、怒り、ビビり、ムカムカ、という5つの 感情が機能しているけれど、街中の男の人は怒りがベースでそれが少しずつ他の感情の役割も担っている、といった感じなの です。

この映画はさらにもうひとつ大切なことを教えてくれました。

それは、嬉しい感情も、怒りや悲しみといった感情も、すべて自分が幸せになるためにあるのだ、ということでした。

このことに気付くまでは、怒ったり、悲しんだりという感情は自分にとっても周りにとってもよくないもの、と思っていまし た。

でも、今はどれも自分には必要な感情で、大切なのはその感情を感じとることなのかなと思えるようになりました。

できれば その感情の自分にとっての意味までみえるようになれたらいいのかもしれないですが、まずは感情を味わうところから始めようと思います。

 

2.自分が「正しい」「こうすべき」と思っていること=「自分が幸せになる」こと ではない、ということ これはいつも自分の中での葛藤があり、辛くなってはまた悩み…という循環の根本から、変えてくれるような考え方でした。

とくにこれは仕事や課題において顕著な考え方です。

「期限は厳守しなければならない」「自分の言動に責任をもつ」 こうした”社会人として当たり前のこと”というのは、すべての人が守らなければいけないという、共通認識があるのだ。 と考えていました。

恐らくこれは、人からの批判やダメ出しを受けたくない、という気持ちが根底にあるのだと思います。

大学時代、グループワークで「ビールを飲んだからやるべきことができなかった」と毎回言う子に対して、「ありえない」と いう気持ちが強かったですが、今思えばその子にとって重要な物事の優先度が違うということなんだなと思いました。

優先度の違いの他にも、やろうと思ってもできない、ということもあるのだということもこのエッセンスの期間中に気づいた ことです。

自分で「この枠からはみ出したらだめ!」というものをずっともって、しかも人にもその基準で接してしまうと自分のルール でどんどん自分を苦しくしているのだと分かって、とても腑に落ちました。

ようはそのルールを「自分もみんなも幸せになれるもの」にできたらいいなぁ、ということ。

それでも別に悪いことなんてないということ。 どうしたら自分もみんなも幸せになれるのか。

自分は本当はどうしたいと感じているのかを感じれるようになりたいと思います。

 

3.自分自身は自分のことを一番よくわかっているということ。(それに気づいてないだけで)

これは、一番最初のエッセンス体験のときから本当に驚いたことです。

これまでの日常生活を送るなかで、全然意識していないし、意識していても自分以外の誰にも話したりはしないことについて カードを引き当ててしまうのです。

文字通り、”見透かされている”感じがしました。 「自分ですら自分自身のことなんてわからないのだから、他の人が理解してくれることなんてないんだろうな。

本当の理解者 というものなんて存在しないんだろうな。」 という考えが変わりました。

さっきの感情のお話とも通じるのですが、 「まさかこんなところに自分を大切に思ってくれている味方(自分が幸せになるために存在している感情たち)がいるとは。

理解者がいるとは。」 と思えるようになったのです。

そう思うと、自分自身のことがとても大切に、愛しく感じることができるようになりました。

自分だけには嘘はつけない とは言いますが、本当にそうで、無意識に自分に嘘をついているとどこかで歪みがでてくるものなのかもしれません。

「なにが好きで、どんなふうになりたくて、どんな行動でいるのが自然なのか」 ということを、世の中や親、周囲の人たちの価値観でつくってしまうと、そこから反するものに対して過剰に反応したり、辛くなっていっては悩む、ということになっている気がします。

たぶん、本当に自分はよく自分自身のことをよく分かってるのかもしれないと、自分のタイプレメディーはなんだろう?と考えたときにも思いました。

おそらく、自分のタイプは”セラトー”なんじゃないかと思います。

なぜ自分はよく自分のことを分かってるのかもと思ったかというと、エッセンスをひとつひとつ学んでいって、 「セラトーだけは嫌だ。自分は絶対にセラトーではないだろう。」 と、セラトーが出てきたときに思ったのです。

こういう風に思ったのはセラトーについてだけでした。 途中、バーベインも自分のタイプレメディーなんじゃないか、とも思いました。

それも「人にも自分の考え同じであって欲しいと考える」といったことに対してあまり良い感じがしませんでした。

ただ、それも自分にそういう所がある、という自覚があったからかと思います。

逆に、「自分の意志がない」「何をしたいのかわからない」ということは昔からずっと悩んできたことです。

中高は”個性的で変わっている”人が多いというのが特徴でした。

「特になにもない、まじめでおもしろくない自分」という気持ちが大きくて、はっきりと自己主張ができて可愛くてカリスマ 性のある子がとてもキラキラとまぶしく見えて、そうじゃないとダメな気がしていたのかもしれません。

自分がやっぱりセラトーなんじゃないか、と思ったのが1,2週間前。

そう思ったら、急に「自分がセラトーかもしれない」ということに抵抗感がなくなって、すんなりと受け入れられるようにな りました。

その後に自分は昔、どんな子どもだったかな、と思い返してみると、決して自分の意見を言ったり、積極的に人に関わる子どもではありませんでした。

それでも、いつも絵を寝食忘れて描いたり、大好きな動物と遊んだりいつもマイペースに楽しみを見つけていたなと思いま す。(門限は完全無視で猫と遊んでいて家族総出で捜索されたりしちゃったり)

そうやって、自分が楽しんでマンガを描いたのをいつのまにかクラスの皆が読者になっていて続きをせがまれたり、海外のお 土産でもらったクッキーモンスターみたいなマリオネットにペップという名前をつけて、小学校に連れて行って校内を練り歩 いたり、サーカスでみたバルーンアートがやってみたくて、小学校にもっていって皆に作ってはあげたり、いつも自分が心か ら楽しいなと思うことを、自分が楽しいから(特に人を喜ばせようとしたわけじゃなく)していたことが、いつのまにか周りに も伝わっていったみたいです。

このことから、「自分の意見をしっかりもって、人を先導する」ということで人に影響を与える方法もあるけれど、本来の自 分の場合は、「自分が楽しんでたらいつのまにかそれが周りにじわじわ広がっていった」というコミュニケーションの方法が しっくりくるかもなぁと思えました。

今は少なからず「人に影響を与えたい」と考えているふしがありますが、それも自分ではなんでそう思うのかわからず、きっとそれも世間一般的なリーダーシップ論に影響されているのかもしれません。

フラワーエッセンスをはじめてからこの8ヶ月で、この3つの気づきと”自分”という味方を得たという感覚が自分の人生にとっ て、とても大きなポイントだと感じています。

もっと自分が楽しいと思えることを自然とできるようになっていきたいなと思います。 おわり

 

************************************************************************

追記 12/23(祝)にバッチクラス最後のクラスを終えました。

私は2回くらい日程変更をして頂いたので、皆とのクラスはちょうど真ん中がぬけていた状態でした。

その最終日に、ひとりひとり濃~いフィードバックをしました。

クラスを終えて、本当に面白いと思うのが、ひとりひとり本当に変わったことです。

“変わった”というのが正しい言葉か微妙なところで、皆が被っていた殻をむいていって、 “本来の自分に近づいている”という のがしっくりきます。

自分自身も、自覚できるほどに変化があったと思います。

 

12/25にはクラスのゆかちゃんのサロンに恵那をしてもらいにお邪魔してきました。

ゆかちゃんはまさに今“本当のゆかちゃん”だな、と近くにいてわかります。

というのも、一緒にいてとっても幸せな気持ちになるのです。

そして、彼女といるとこっちまで心から安心して、もう何年も自分自身会ってなかった本当の自分に会った気がします。

なんだか照れ恥ずかしい気持ちもあったのですが、それ以上に心地よさと軽やかな気持ちがありました。

「ああ、きっと今までは本当の自分でいると傷ついて辛いから、守るために色んなものをつけていたんだなー」と思いまし た。

そして、その“本当の自分”の感覚を忘れないようにしようと思いました。

「もう大丈夫だから本当の自分でいても大丈夫だよ」と安心させてあげて、少しずつ本来の自分でいる時間を増やしていきた いなと思っています。

そう考えると、今まで自分では自覚していなかったけどたくさん傷ついていたり、不安だったりしてたのだなーということに 初めて気が付きました。

ただ、今ではそのままの自分を受け入れてくれる人たちしかいないので、もう安心です。(むしろ家族といるときは出せない かもですが….)

それに、色々なことを経て、きっと本質の部分も一緒に強くなってきているんじゃないかな、とも。

12/25は満月だったので、相乗効果で本当の自分に戻るきっかけをプレゼントしてくれた気がします。

 

おまけ ~これまでのエッセンスメモ~

フラワーエッセンス開始時期:2015/4/22

バッチクラス開始時期:2015/7/12

4/22 ベビーブルーアイズ,ロックウォーター,バーベイン,カリフォルニアワイルドローズ

5/23 オーク,サンフラワー,セントーリー,ラークスパー

6/20 チコリー,ゴールデンロッド,ウォーターバイオレット,ピンクヤロー

7/12 アグリモニー,ミムラス

8/29 マスタード,クラブアップル,ゲンチアン 前2つはオーリング。ゲンチアンは直感で選んだカード。

9/23 ワイルドオート,ロックウォーター,セラトー

11/7 バーベイン,セラトー,ホームビーム

11/28 ビーチ,バーベイン,アルパインリリー,ワイルドオート,スターオブベツレヘム

12/23 ワイルドローズ,マスタード,ピンクモンキーフラワー

 

意外とセラトーは最後の方に登場してる!逆にバーベインは初回から選んでるのがおもしろい。

 

****************************************************************************************************

 

さわこさんは、このクラスの途中から約半年の期間を経て、とても大きなテーマに取り組み、それを見事に手放すことに成功しました。

レポートにも書いていただいてますが、クラス終了後もその経過報告をしばらくいただきました。

さわこさんは、ご自分の感情をみるということにフォーカスして、ご自分の内面に触れていき、直感と関わることによって、

ご自分を本当に大切に扱うようになりました。そうすると、やはり世界の受け取り方が変わってくるわけです。

その感覚を大事に、日常の中に丁寧に落としていくことによって、自分の幸せが手の中に入ってくるのです。

自分で幸せをつかみにいく、幸せを育てるという感覚をこの短い期間内でつかめたのは、やはり丁寧にご自分を観察し続けたからだと思います。

観察を始めると、向き合いたくない自分、見過ごしたい自分にたくさん出会うわけですが、その自分もやさしく包み込んであげる、大事にしてあげる

その繰り返しがあって、今があるのだと思います。タイプレメディーの考察も素晴らしかったです。

私もたくさんの感動をいただきました。さわこさん、ありがとうございました。

keiko

 

Category

Archive

Search



このホームページは、米国 ジャイロトニック本部 (http://www.gyrotonic.com/) の許可を得て運営しています。
GYROTONIC® and GYROKINESIS® are registered trademarks of Gyrotonic Sales Corp and are used with their permission.