studio corego.

Bachフラワーエッセンスクラスレポート

Bachフラワーエッセンスクラスレポート

2020/03/10

フラワーエッセンスBACHクラスレポート1403

フラワーエッセンスBACHクラス  Mさん 2020.2

 

今回はバッチクラスの再受講です。前回までのクラスとはメンバーがガラッと変わり、は

じめましてな方ばかりとのクラスはとても新鮮でした。

毎月1回、全6回を半年かけて受けるバッチクラス。今回は、夫が「仕事を辞めたいかも」

と本気モードでつぶやいたタイミングで調度バッチクラスが始まると聞き、クラスへの参

加を決意しました。

夫の退職~転職までがまるまるクラス期間にかぶっていて、とても助かりました。クラス

が始まった翌月に辞表を提出し、クラスが終わる月に無事内定。辞めると聞いた時も、実

際に辞めた時も、しばらく無職の間も、思いのほか穏やかに過ごせたのは、これまでのエ

ッセンス効果だなぁとしみじみ思いました。そして、正にこの期間にクラスに参加してい

たことは、やはり大きな支えになったように思います。

また、この期間に夫だけでなく私自身も転職を決意しました。これまで10年勤め、何度か

転職を考えたり止めたり、職場の環境を変えようと色々取り組んだりして来たのですが

、「この先、何をしてもここの人も環境もこれ以上良い方に変わることはなさそうだ。自

分がこの環境を出ることで自身の状況を変えることが最善なのかも」と、やっとスッキリ

思えました。

今の環境はぬるま湯的な環境でとても楽なのですが、「出る時が来た!」と強い直感が後

押しをするので、その方向に進んで行きたいなと思います。なので、クラスの最終回では

そのサポートをしてくれるエッセンスを選んで今回のクラスを終えたいなと思います。

そのエッセンスを飲んでいる翌月に、次のステップにポーンと進みたいと思います。

これまで、バッチクラス→FESクラス→FESクラス再受講を経て、昨年はずっとマンツーマ

ンクラスを受けていたのですが、私自身は、具体的な課題があるときは、やはりクラスに

参加している方が物事がスムーズに進み、精神的にも安定するように感じます。一人より

もチームで課題に取り組んでいる感覚があり、クラスに参加している他の人たちの力も自

分の力にできる、そんな感じがします。なので、どうしても乗り越えたい課題があるとき

などは、クラスへの参加が個人的にはオススメです。

以下は、この半年で摂ったエッセンスの中で発見があったものです。

■バーべイン:これはこの数年で私のタイプレメディかも知れないな~と感じているエッ

センス。これを摂ると元気が出る。明るいポジティブなやる気が湧いてくる印象。

■セントーリとゲンチアン:私は、物事が上手くいかない時期や気分的に不調な時期にこ

の2つをセットで選びがち。この2つが入っているエッセンスを摂ると、気持ちが穏やかに

落ち着いていくことが多いように思う。

フラワーエッセンスを知ってから約6年が経ち、同じエッセンスを繰り返し摂る機会が増

えてきたことで、自分にとってこういう場合はこのエッセンスがこう効くと気づく機会も

出てきました。それが一つでも発見できると、より面白くより実用的に使えるようになる

のだと実感しました。なので、数年単位で色々なエッセンスと自分との相性を探っていく

ことで、自分なりの処方箋ができてとても心強いかも知れないなと思いました。

これからも末永くフラワーエッセンスとともに豊かな暮らしを作っていきたいです。

2020/03/10

フラワーエッセンスbachクラスレポート1402

フラワーエッセンスBACHクラス Rさん 2020.2

 

フラワーエッセンスは前々から気になっていいましたが、仕事にも人間関係にも疲れ果

てている毎日を変えられるきっかけになれたらと思い、レッスンへの参加を決めました。

毎回レッスンでは植物が持つ力やフラワーエッセンスの歴史などを深く丁寧に教えてい

ただき、自然界の持つ底知れぬパワーを感じることが出来て興味深かったです。

日常の何気ない風景の中にある植物にも色々なパワーがある事を考えると、自然の有難

みをより一層感じられるようになりました。

又、受講することによって感じられる自分の変化も興味深かったです。

前半は、受講していくことによってクラスの方々がどんどんポジティブに変わっていく

姿を目の当たりにして嬉しく思う反面、自分は何も変わっていないという焦りが生じてい

ました。1か月間どのように過ごしていたかをレッスンの最初に毎回報告する際も、自分

は「疲れた」「仕事がイヤだ」「イライラする」等のネガティブな言葉しか出てこなくて

悲しい気持ちになることもしばしばありました。そんな時先生に「どうしてそう思うのか

?」と突っ込まれたのをきっかけに、自分の感情に対して真剣に向き合い始めました。

イライラしている時も何故このような感情になるのだろうと考えて、客観的に観察して

みたり、その理由や原因をメモ書きしたりと感情の分析をしていきました。そうすること

によって自分の感情を冷静に受け止められる癖や本来の自分を受け入れられていけるよう

になった気がします。

後半は感情と向き合えた事によって様々なしがらみから解放されて気持ちがスッキリし

ていくのを実感しました。良い意味で開き直れて楽になったせいか、今まで辛く感じてい

た仕事に対しても前向きな気持ちで取り組めるようになっていきました。日々の生活にも

積極性が出てきた気がします。

自分の変化を感じ始められたところでレッスンが終わってしまいとても残念ですが、こ

れからもポジティブに変わっていく姿を思い描きながら、この変化の波に楽しみながら乗

っていきたいと思っています。

そして願わくはその波の先に素敵な出逢いがあったら良いなと・・・♡ アンテナを張って

幸せを受信できるようにします!

 

最後になりましたが恵子先生、いつもいつも明るく迎え入れていただき本当に有難うござ

いました。レッスン中は先生の明るいオーラに包まれて毎回浄化される気持ちになりまし

た。感謝でいっぱいです。

2020/03/10

フラワーエッセンスbachクラスレポート1401

クラスを受けて Mさん 2020.3

フラワーエッセスを知ったのは、先輩がいつも飲んでいて気になりききました。
どんどん先輩の雰囲気や行動が変わっていっていたのも気付きました。
最初は意識的に変化に気づこうとしていましたが、最近は振り返りの時にそういえば!みたいな感じで変わっていた自分に気付いていました。
クラスに行くだけで、元気が出たり自分は神なんだと気付かされたり。恵子さんやメンバーの方々が自分のことをしっかり見つめて聞いてくれるというだけで、温かい気持ちになりました。
ラストレッスンの時に、半年前に書いたアファメーションを振り返りました。
気付かないうちにこんなにも変わってら自分がいました。
未だに、気持ちの浮き沈みが激しいですがそれをフラワーエッセスに助けてもらって、
これからもフラワーエッセスを自分の日常にしていきたいです。

2020/01/24

フラワーエッセンスBACHクラスレポート1302

フラワーエッセンスを体験して I.Aさん

 

何となくの理解と、ぼんやりとしたイメージを思っていたフラワーエッセンス

でしたが、自分にとっての意味を見つけられるようになってきました。

自分の気持ちと感情にふと寄り添えるようになり、自分という存在をより大切に

思えるきっかけになったからです。

香川での生活のリフレッシュのような存在として、東京に帰ってくるきっかけ

にもなり、とても楽しい期間でした。ありがとうございました。

 

一番印象に残っているクラスが、感情の種類についてみんなで

ディスカッションした時のことです。例えば「辛い」「嬉しい」「悲しい」など、

ごく僅かな感情を表す言葉しか私は思い起こせませんでした。

その時に、普段どれだけ自分の感情を意識していないのかが実感できました。

Wikipediaで感情の言葉を調べて、どんな状況を表すか考え始めた時から、

自分が少しずつ変わり始めたと思っています。

 

グループレッスンを受けたことも、本当に良かったです。

理由は二つありますが、一つ目は人の経験談を参考にして、

自分に置き換えてみようと考えられたからです。

私は、どうしても疲れきるまで動いて、疲れ切った時にようやく

立ち止まることができるような生活をしていましたが、

他の人の意見を取り入れて、普段から一息置くという瞬間を意識的に

持てるようになりました。

二つ目は、ネガティブな感情をより強く感じられるようになった事です。

これも、人の経験談を参考にするところから始まりましたが、

どうしても心のどこかで憎しみ、苛立ちなどの感情を悪いものとして

排除しようとしていましたが、排除する必要はないし、排除せず、

そのまま入れることが出来て来たと思っています。

 

自分は日々変わっているし、いい方向に行くこともあれば、

上手くいかない方向に進むこともあると思います。

その時にいつも自分の魂に寄り添えるような選択ができるようにしていきたいです。

今後どのような自分になっているかがこれからも楽しみです。

5年後はPRの仕事をして、海外に住んでいたいと思うけど、どうかなあ。

2020/01/24

フラワーエッセンスBACHクラスレポート1301

バッチクラスを終えて C.Wさん

 

昨年7月からスタートしたバッチクラスに参加させていただきました。

バタバタした毎日で疲れているのにも気づかない私でした。正直。

 

仕事を終えしんどい日もありましがた、他の方のお話を聞き、同調

したり、あっという間に時間が過ぎる時もあれば、けいこ先生に、

「なぜそう思ったの?」から始まる自分を見つめていく事が、時に

苦しく(今までその様に思った事が無かったので)時に同じ事を

繰り返している自分に落ち込んだりしました。ですが必ず最後に、

今日も来てよかったと思えるクラスでした。

 

辛い時にこそしんどい事をする事でごまかしていた私に気づかせて

もらいました。今ではかなり楽になりました。

笑う事が多くなり、人から楽しそうですねとお声をかけて

いただいたりします。

 

人は皆、鎧を外せば同じ魂というお言葉が心に沁みました。

あれこれ考えてた自分がばからしいです。

けいこ先生やクラスの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

2020/01/24

フラワーエッセンスBACHクラスレポート1401

【フラワーエッセンスバッチクラス レポート】H.Nさん
2020.1.15 

私がフラワーエッセンス(お花の波動)を通して学んだ事は「感情の向き合い方と全ての
ありのままを受け入れること」でした。
初めてフラワーエッセンスを知った時、私は恋愛の事でとても悩んでいて、少しでもこの
感情をどうにか楽にしたい、好転させたいと色々探していたところにたまたまネット検索
で見つけました。
そこからは個人セッションで約半年間、月に1回Keiko先生と相談しながら今何が自分に
必要なのかを見つめながらエッセンスを選んで摂っていきました。
更にその後に理解を深める為に、バッチクラスに入らせて頂き、数人でのセッションを受
けました。バッチクラスで他の方のお話しを聞く事で自分の感情が客観的に見れた気がし
ます。
マンツーマンでのセッションももちろん良かったですが、数人で1ヵ月の出来事や感情の
変化をシェアする事で、こうして悩んでいるのは自分だけじゃないんだなと知れて勇気を
もらえて悩みを解消するスピードも上がった気がします。

フラワーエッセンスを摂ってみて、摂っている時に大切な事は感情を感じきる事、そして
、玉ねぎの皮を一つ一つ剥いていく様に、一つ一つ要らないものを脱いでいきながら新し
い自分・本来の自分へと戻っていく作業。自分の奥深くにある自分の本当の感情や本質を
知っていく事が出来る素晴らしい自分磨きだなと感じました。
感情の向き合い方に関しては、まずはどんな悲しい辛い感情も取り除こうとせずにそのま
ま感じきる事。今までは悲しい感情や苦しい感情がいけないもので、どうにかそこから現
状を打破したいともがいていましたが、まずはそれ自体が不要だったんだなと知れました

どんな感情にも良いも悪いもなくて、ただ受け入れる事。受け入れる事で初めてその感情
が浄化されていくような感覚が得られるんだなと感じました。
今まで悲しんではだめ、怒ってはだめ、常に笑っていないと人生は幸せではないと思って
いたけど、悲しい・寂しい・恐れ・怒りもあっても良いものなんだ、そしてダメな時もあ
っても良い。それも自分の愛すべき人生の一ページと知れただけで、とても生きやすくな
ったと思います。

フラワーエッセンスを摂る事で、とても辛いと感じる感情と上手に向き合えて回復する事
が早まったのかな?と思います。Keiko先生にも初めに相談した恋愛についてはそんなに
悩んでなかったんじゃない?と言われるくらいですが(笑)
それから、フラワーエッセンスで失恋を乗り越えてから、新しい彼と出会えてお付き合い
する事ができました。
喧嘩をしてしまったり色々な事がありますが、今まで以上に深くパートナーと関われる自
分になれているのかなと思います。まだまだ少しずつですが、人との距離感がうまくとれ
るようになったり、NOが言える自分になれたかなと思っています。

恋愛だけでなく仕事も自分の素直な気持ちが出てきたことで必要のない我慢をする事が少
なくなったように感じます。
きっとフラワーエッセンスに出会っていなければ自分を責め続けたり無理に世間の幸せに
囚われて生きていっていたかもしれません。フラワーエッセンス、Keiko先生、セッショ

ンを一緒に受けた皆さんに出会えたことに感謝しています。約半年間ありがとうございま
した。

2020/01/24

フラワーエッセンスBACHクラスレポート1402

バッチクラスを終えて  K.Tさん

最初に書いたアファメーションはほぼ達成されなかった。大きな変化もあまりなかった
が、内面的には少しずつ変化しているように思う。嫌なことは嫌と言えるようになってい
る。ただその反面、好きなこと、人をまだ好きとは言えない。

しかし先週、福岡の友人の家に遊びに行った際、このような気持ちで毎日暮らしたいな
という、ぼんやりした気持ちになった。好きなものに囲まれ自然の中で、時間に毎日追わ
れることなく過ごしたい。今の生活と比較すると、仕事こそしているものの、私の今の暮
らしは、そう悪くないと思った。自分がどういう気持ちで毎日過ごしているかに目を向け
るようになった。仕事に対しては、浮き沈みがあるが、毎日自分らしく、笑っても泣いて
も悲しくても怒っても、その後、そんなこともあるよね、また明日きっと楽しいことがあ
る、なんて思えている。そのままの自分でいいとは思うが、そのままの自分を認めてもい
るが、今まではそれをさらけ出していいのかわからなかった。けど、今は、限られた人に
は出せるようになっている。これを好きな人の前でもできる自分でいたいな、と思う。

グループレッスンを終えて、みんなそれぞれの人生背景があり、それぞれの悩みを持ち
、それぞれが右往左往しながら毎日を過ごしていることを改めて実感した。みんながキラ
キラして見えてていても、うまくいっていることばかりではないのだ。みんなそれぞれの
課題もあるし、悩みもある、その中で自分の夢ややりたいことのために、日々奮闘してい
る。うまくいかないことがあっても、回り道になっても、前に進んでいる様子を見れて、
なんだかホッとした。自分の回り道の人生もそう悪くないと思えた。
今まで人がやってくれない、と見返りを求めがちな自分がいた。しかし、自分の行動は
見返りを求めるものではなく、自分がどうしたいか、自分がこうしたいからする。という
思考に少しずつ変化している。自分の特性から、みんなが良い気持ちで過ごしてほしいと
いう気持ちも変わらないが、そのために自分が我慢をすることもない。そう思えている。
自分を大切にして生きることで、毎日も豊かになり、みんなのことも本当の意味で大切に
できるのではないかと思っている。

クラスのレッスンで、毎回、エッセンスの特性について学び、今どういう状態だからこ
れを飲んでいる、次の月にはこうでありたい、だからこのエッセンスが自分に必要なのか
もしれない、という気持ちで時々思い出すことによって、力がみなぎることもあったし、
リラックスできることもあった。エッセンスを覚えることは全然できていないけれど、こ
れからも学びを深めて、毎日の自分に目を向けて、自分の感情を、自分を大切に過ごして
いきたい。

2019/08/16

フラワーエッセンスBACHクラスレポート1204

バッチクラスを終えて  Yさん 2018年

 

ジャイロの先生から紹介されて初めてフラワーエッセンスをやってみた時は効果を実感というものではなかったですが、少しずつ効果があるように感じてバッチクラスで勉強しようと思いました。最初はフラワーエッセンスを1か月間とってどう変化があったか1か月間何があったか振り返りができず、同じグループの人の感想を聞きながら少しずつ話せるようになりました。人前で話すのは昔から苦手で頭が真っ白になるタイプなのですが、皆さんあたたかく話を聞いてくださり、keikoさんは話したことにアドバイスくださるその言葉に毎回なるほどと感心します。

クラスで集まった人は自分とは全然違うタイプの人で、フラワーエッセンスを必要としているようには見えなかったので自分はこの人達と一緒にできるのか心配と不安がありましたが、回を重ねていく内に自分と同じような悩みを持っているものだなと自分だけが悩みを持っているわけではないことに安心しました。そう思うと今まで自分が人を見かけだけでこの人はこんなタイプとジャッジをしていたことに気づき改めたいと思うきっかけになりました。

フラワーエッセンスを取り始めてからおそらく半年過ぎくらい経った頃だと思いますが親にしっかりしてきた・姉には雰囲気が変わってびっくりしたと言われ、会社でも重要な仕事を任されることが多くなり驚いています。ぼんやり何となく過ごしていた日々の生活が、過去に捕らわれず未来に心配・不安をせず今を見るようになり前向きに取り組む気持ちをもてるようになったことで、今何をしたいかどうしたいかという考え・行動がはっきりして、以前より心の余裕がもてた気がします。自分の感じ方・物の捉え方で見え方が変わるものだなと思いました。

受講した中で一番気をつけようと思ったのはマイナスな思考はそうなるようにオーダーしているということ、という話を聞いてマイナスな思考は持たないように。前向きな思考を持つため落ち込んでいるときには前向きな言葉を発したりしています。話は変わりますがジャイロトニックでは脳が体を動かしているから体をどう動かしたいかは脳でイメージすることが大事。フラワーエッセンスでも子供の時に願っていたようなこうなりたいという純粋な願い・イメージが現実に結びつくものという話を聞いて心の在り方次第でイメージ通りに進むものなのかとジャイロもフラワーエッセンスも共通する部分があるなと思います。

 このクラスを半年間受けて色々な花の種類・意味を勉強できただけでなく、クラスの皆さんから刺激を受け自分なりに成長できたと思います。クラスの中では一番ついていけていない生徒だったとは思いますが、半年間お付合い頂いた皆様ありがとうございました。

2018/07/04

フラワーエッセンスバッチクラスレポート1203

フラワーエッセンスバッチクラスレポート J.Hさん 2018.4

バッチフラワーエッセンスは数年前から、書籍などを参考にし、自身で選びながら飲用してきました。

ですが、前回、FESのクラスを受講させていただき、大変楽しく学ばせていただいたので、今回、バッチ

クラスもぜひ、受けさせていただきたいと思い、クラスを受講させていただきました。

毎月、クラスの日が待ち遠しく、本当にあっという間の6か月で、修了時、クラスの終了が、とても寂しく感じられたほどです。

花やフラワーエッセンスについての説明はもちろんのこと、日々の生活で実際に生かせる物事のとらえ方など、目からウロコなKeikoさんのお話には、毎回、ただただ夢中になりました。

また、クラスメイトの方々とお互いに経験をシェアさせていただけたことで、「自分だけじゃないんだなあ」「そうとらえたらいいんだなあ」などと、気づきも得られ、安心感や元気をたくさんいただきました。

半年間、クラスでは、様々なことを学ばせていただきましたが、中でも私にとって印象深かったのは、個人の魂が生まれつき持っているといわれる「タイプレメディ」の探求についてでした。

この自身のタイプレメディを、はっきりさせていく過程で、改めてフラワーエッセンスの奥深さに気づかされました。

私は、子どもの頃から、どちらかというと、行動がゆっくりで、給食を食べ終わるのも、体操服を着替え終わるのも、他の子たちより遅いタイプでした。

大人になり社会人になっても、とにかく、他の方の迷惑にならないよう、人一倍、意識して、「早く!早く!」と自分を急かしながら、仕事などをしてきたように思います。

ですので、「他の人がゆっくりしているとイライラしてしまう」というインパチェンスがネガティブに傾いたタイプの人に、むしろ、イライラされる方の人間だと思いこんできたため、私自身が、インパチェンスのエッセンスを飲む必要性をあまり感じずにきました。

ですが、「早く!早く!」と自分自身に対して、急かしていることもまた、インパチェンスのエッセンスを必要としている状態なのではないかと気づかされたように思います。

子どもの時に、給食や着替えのスピードを友だちと比べ悩んでいた自分も、気づけば大人になり、大きな人生のイベント(結婚や出産、仕事のキャリアなど)のスピードを、とかく人と比べがちになり、「早く!早く!」と焦っていることにも気づかされます。

そんな時に、インパチェンスのエッセンスは、「自分のペースで前に進むこと」の大切さを、改めておしえてくれるような気がします。

タイプレメディは、一生を通し、変化していく場合もあるとのことを教えていただき、またその都度、必要なタイプレメディと

出会えたらなと思っています。

他にも、本当にたくさんたくさんのことを、わかりやすく、楽しみながらKeikoさんから教えていただきました。

大変貴重な充実した時間をどうもありがとうございました。

今後もまた、様々なことを学ばせていただける機会を楽しみにしております。

2018/07/04

フラワーエッセンスバッチクラスレポート1202

フラワーエッセンスバッチ(リピート)クラスレポート Sさん 2018.4

 

魂の治療薬として作られたバッチフラワーエッセンスと出会ってから、もう10年以上が過ぎ、その間、エッセンスを摂ることで様々な経験をしてきましたが、バッチ博士の理念に触れる度に、はじめて聞いた話のような新鮮な感動を覚えます。今回受講したバッチクラスは、人のために尽くしてきたバッチ博士の想いを改めて感じる時間であり、また、長くフラワーエッセンスを使っているからこそ、見落としがちな原点に帰ることができました。

今回、久しぶりにバッチフラワーエッセンスと向き合う中で、思いがけず自分に効果があったエッセンスがありました。それは、クラブアップルです。クラブアップルというと、浄化や潔癖症に効果的といったイメージをもっていましたが、クラスの中で「要らない思い込みをなくして、本質をみる」という作用についての話がありました。それに魅かれて、クラスの終盤に摂ってみることにしましたが、長年抱えていた自分自身の一部だと思っていた「思い込み」が、外からの「刷り込み」であることを痛感し、徐々に自分から離れてきれいさっぱり解消されていく、という効果を感じました。

私自身、沢山の「自分ではない物」を身につけてきてしまい、何が自分自身か分からなくなっていましたが、その状況を徐々に客観的に観るようになり、理解しはじめたけれど、身につけた物が厚すぎて、自分自身に辿り着けないような葛藤がありました。しかし、FESクラスでも、自分と向き合うことを諦めずに取り組んできたせいか、カチカチに硬化してしまった自分をまとっていたものが柔らかくなり、そこをクラブアップルが穏やかに、そして優しく流してくれました。まだそれは続いていますが、とても自然なスピードであり、私の心に寄り添って進んでいくことに、エッセンスの温かさも感じています。

この経験から、クラブアップルは、過剰な情報や集合意識に染まってしまった私たち日本人に、とても効果的なエッセンスではないかと思います。クラブアップルで得た効果は、私にとっては静かな衝撃で、これからも折に触れ摂っていきたいと思います。これは自分の本当思いなのか、それとも周囲からの思い込みなのか、と自分の思考のフィルターになってくれるエッセンスでしょう。

わたしは周りと折り合いをつけて生きていく為に、自分の魂の声が聴こえないふりをし続け、いつの間にか自分に戻れなくなったような錯覚に陥り、自分が置かれた環境を憎み、自己憐憫ばかりしていました。しかし、人間が陥るネガティブのパターンは、バッチ博士が12healersで体系化したように、とてもシンプルで、自分の気付きと意志があれば、自分で自分を癒すことができる。というか、自分でしか自分を癒せない、この真理を呼び覚ませてくれました。時には辛いその過程をフラワーエッセンスはしっかりサポートしてくる。そんな道程を体現したクラスでした。

自分が自分でいられることに安心感を持てるようになったこと、そして、そうある事がこんなに気持ちが良いことなのだ、という感覚もやっと戻ってきました。変化というより、ただ「自分に還る」、この為にフラワーエッセンスに手助けをしてもらう。ただそんなシンプルな事が、人の無限の可能性を開いてくれる気がしてなりません。この可能性を自分と自分の周りにいてくる人達とシェアしてくことを、クラスを終えた次なる楽しみにしたいと思います。

Category

Archive

Search



このホームページは、米国 ジャイロトニック本部 (http://www.gyrotonic.com/) の許可を得て運営しています。
GYROTONIC® and GYROKINESIS® are registered trademarks of Gyrotonic Sales Corp and are used with their permission.